【森友学園】更新:森友学園問題で立憲民主党・共産党議員が工事業者の発言を捏造していたことが発覚…工事業者「発言内容が正確に引用されず全く異なる意味内容となっている」

Last-modified: Wed, 06 Feb 2019 22:26:00 JST (1036d)
Top > 森友学園

目次 Edit

Table of Contents

「党首討論の歴史的使命は終わってしまった」 Edit

安倍晋三首相は27日の党首討論で、「党首討論の歴史的使命は終わってしまった」と発言した。
立憲民主党の枝野幸男代表が、森友&加計学園問題をめぐる「7つの問題点」や、首相の国会答弁について時間をかけて指摘したことに、ぶち切れた。


首相はこの日、当時の枝野氏の発言を引き合いにして「党首討論の歴史的使命は終わってしまった」と述べた形だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00251412-nksports-soci

朝日新聞さん「延長国会だと言うのに、政府はモリカケ問題に向き合うとしない」 Edit

延長国会最初の本格論戦だというのに、加計・森友問題の真相解明は全く進まなかった。
残る1カ月の会期を、問題の多い法案を強引に成立させる舞台にしてはいけない。

 森友問題でも、政権の後ろ向きな姿勢が際立った。
先週の参院決算委員会で、共産党議員が独自に入手した内部文書を明らかにした。
大阪地検の刑事処分について「官邸も早くということで、法務省に何度も巻きを入れている」
などの記載があった。
事実なら、見過ごせない大問題だ。

石井国土交通相は、指摘から既に1週間がたっているというのに「出所不明で、体裁も行政文書とは思えない」などと答えるだけで、文書が本物かどうかの調査を確約することすらも避けた。首相がしばしば口にする「ウミを出す覚悟」はどこに行ったのか。

 熟議を通じ国民の懸念に応える。法案に問題があれば立ち止まり、必要なら修正を施す。
それが会期を延長した政権・与党の責任だ。

※下記リンクより、一部抜粋。続きはソースで
https://www.asahi.com/articles/DA3S13556631.html

森友学園問題で立憲民主党・共産党議員が工事業者の発言を捏造していたことが発覚…工事業者「発言内容が正確に引用されず全く異なる意味内容となっている」 Edit

森友学園への国有地売却をめぐり、立憲民主党と共産党の議員が、現場を試掘して報告書を作成した工事業者から説明を受けたあとに発言した内容について、工事業者は「正確に引用されておらず、全く異なる意味内容となっている」などと反論しました。

森友学園への国有地売却をめぐって、立憲民主党と共産党の国会議員は先月、ごみが埋まっていた現場を試掘し、報告書を作成した工事業者から説明を受けました。

そして、説明を聞いた両党の議員は、野党側のヒアリングで、「工事業者は『報告書は若い社員がいいかげんに作ったもので、深さを意識して作ったものではない』などと話していた」と述べました。

これに関連して、工事業者が参議院予算委員会の理事懇談会の求めに応じて弁護士を通じて回答した資料が4日、提出され、この中で工事業者は「私の説明した発言内容が正確に引用されておらず、発言の一部のみを引用し、都合よく発言内容を合体したため、全く異なる意味内容となっている」などと反論しました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190204/k10011803351000.html

コメント Edit

コメントはありません。 森友学園/コメント

お名前:
URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White